浮気・不倫で慰謝料を請求された方

不倫の慰謝料を請求された方専門の弁護士事務所はこちら

不倫の慰謝料額を減額する!(慰謝料”減額”プラン)

当事務所は、不倫(浮気)が不倫相手の配偶者(夫や妻)に知られて、不倫の慰謝料(不貞慰謝料)を請求する! 弁護士に相談して不倫の慰謝料を請求する! あなたの配偶者(夫や妻)に知らせてやる! 勤務先に不倫をバラしてやる!などと言われたり、脅されてしまった方の唯一の味方です!

『不倫の慰謝料を請求された方』専門の法律事務所として培った交渉及び裁判における多数のノウハウを基に、不当に高額な請求を大幅に減額し続けております。また、相手からの不当な要求を取り止めさせるなど、突然、不倫相手から請求された方々のお悩みを多数解決しております。

おかげさまで、関東一円の皆様方から、多数のご依頼を頂いております。

不倫の慰謝料を請求されてしまった方は、『不倫の慰謝料を請求された方』専門の法律事務所である当事務所に、ご相談ください。

※お電話による無料相談も行っております。

※当事務所の看板は、道路に面しておらず少し奥まった場所に表示しておりますので、他の人からは法律事務所への相談とは分かりませんのでご安心ください。

 

不倫の慰謝料を請求された場合の解決方法

あなたの不倫相手の配偶者(夫や妻)に、不倫が発覚してしまった場合、1000万円など高額な慰謝料を請求されることがあります。

また、不倫の慰謝料を払うのを拒んでいると、相談者様の勤務先の会社に押しかけられて、不倫を言いふらされることもあります。

さらに、あなた様が結婚している場合、あなたの配偶者(夫や妻)に、不倫していた事を暴露されてしまうこともあります。

そこで、相手方との交渉の仕方を間違えないで、適正な慰謝料額・適切な和解内容で、相手方と話し合いを行う必要があります。

しかし、相手方が弁護士を立てている場合、法的判断も絡みますので、なかなか一般の方では、言いくるめられてしまい、交渉しようと頑張っても太刀打ちできない方がほとんどです。

また、相手方が弁護士を立てていない場合でも、実は、裏で弁護士のアドバイスに従って、あなたに不利な発言を引き出そうとして、不倫の自白を録音して、裁判の証拠を集めようとしてるかもしれません。

では、どうやって、相手方と話し合ったり、交渉したりするのがよいのでしょうか。

『浮気・不倫の慰謝料を請求された方』専門の当事務所の弁護士に、相手方に言いくるめられたり、不利な証拠を集めたられる前に、お早めにご相談ください。浮気・不倫の慰謝料請求事件について、経験豊富な弁護士が、無料相談にて、最善の解決方法をアドバイスいたします。

※お電話による法律相談無料です。お気軽にご予約ください

裁判の相場のについて

仮に、裁判まで争うことになり、判決が出てしまった場合、裁判の相場は、次のように言われています。

・相手方が離婚していない場合:
10万円から100万円前後
・相手方が別居した場合:
50万円から200万円前後
・相手方が離婚した場合:
100万円から300万円前後
 

ただし、浮気の期間や婚姻期間・妊娠の有無・別居の程度など他の事情で変動いたします。極めて長期間の不倫では、裁判で、500万円程度の判決が出たものもございます。

この慰謝料の相場は、経験のある弁護士でないと、実際に判決で出る額を予測できません。

でも、私は裁判まで争わないから関係ない、と思われる方もいるかもしれません。

しかし、この裁判の最終結果である相場額を知ったうえで、相手方と減額交渉をすることにより、裁判前に終わらせた方が得か、裁判まで争った方が得かが分かります。

また、裁判の相場が分かれば、お金以外の面(不倫相手とはもう会わない約束に応じるか、謝罪文を書くかなど)で妥協した方がいいか、それとも、そこまでは応じる必要がないのか(不倫相手と別れないで済むか、謝罪文も書かないで済むかなど)を判断することができるようになるのです。

当事務所にご依頼された場合、慰謝料請求事件の裁判経験豊富な弁護士が、お客様の事件の具体的事情を基に考えられる裁判の相場をご案内のうえ、お客様のご希望に沿う解決方法を目指します。

 

慰謝料減額プランの弁護士費用

初回相談料: 0円(60分)

【ご来所の場合:】
※ご予約のうえ、当事務所にお越しください。

【お電話によるご相談の場合:】
※ご予約ください。弁護士からお電話いたします。

弁護士が、最善の解決方法をアドバイスいたします。

 

交渉だけの場合

減額交渉の着手金: 15万円(税別)

※交渉により解決した場合、着手金は、15万円だけ。

分割払いも可能。お支払いがご心配の方は、弁護士までお気軽にご相談ください。

※当事務所の経験上8割程は、交渉だけで終わります。

 

慰謝料「減額」の成功報酬: 5万円+請求額と示談額の差額の16%(税別)

※この成功報酬は、相手方からの当初の請求額を減額できた場合にだけお支払い頂きます。

例)300万円の請求を100万円に減額…成功報酬37万円

(200万円(請求額−示談額)の16%=32万円 + 5万円)

※成功報酬も分割払い可能

※慰謝料減額応訴プランには、『減額保証制度』が適用!

「減額保証制度」とは仮に、請求額を全く減額できない場合、着手金を全額返金いたします
慰謝料減額の専門事務所だから、請求額を全く減額できない場合には、お客様に損をさせません。
 
裁判になった場合

裁判対応費用: 10万円(税別)

※交渉で解決しないで、裁判になった際に、追加でお支払い頂く費用です。

※交渉で解決した場合は、お支払い頂きません。

※裁判対応費用も分割払い可能

※日当につきましては、1都3県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)の裁判に限り、裁判所への出廷日当は、0円

※1都3県『以外』の道府県の裁判所への出廷日当は、こちら

 

慰謝料「減額」の成功報酬: 請求額と示談額の差額の16%(税別)

※この成功報酬は、相手方からの当初の請求額を減額できた場合にだけお支払い頂きます。

例)300万円の請求を100万円に減額…成功報酬32万円

(200万円(請求額−示談額)の16%=32万円 )

※成功報酬分割払い可能

『減額保証制度』適用。

 

ご相談の流れ

 ご相談の流れはこちら

 

突然、訴状が届いた方はこちら

突然、裁判所から、不倫の慰謝料を支払うよう求める内容の訴状が、あなたの自宅や勤務先に届いてしまった方は、こちらのプランが適用されます。

※訴状が届いても放置していた場合、つまり、裁判期日に応訴せず、出廷もしない場合、あなたは敗訴してしまいます。そのため、訴状が届いた場合は、緊急を要しますので、早めに当事務所にご相談ください。

 訴状が届いた方のプランはこちら

 

 戻る