法律相談料

初回の法律相談料

初めてご相談される際は、一切費用が掛かりません。※60分無料

※初回無料となる事件は、本ホームページをご確認ください。

ご相談される際は、予め①お電話、又は、②当ホームページの予約画面から、ご予約下さい。

無料法律相談の予約画面へ

2回目以降の法律相談料

同じ事件について,2回目以降にご相談される際に、当事務所にお支払いいただく費用です。

※初回相談料が必要な場合は、こちらと同じです。

・個人の方:30分5000円(税別)

・企業の方:30分1万円(税別)

※ただし、ご依頼いただいた後は、この費用のお支払いは不要です。

弁護士費用(ご依頼される方)

相談の結果、正式にご依頼される場合、次の費用が必要になります。

着手金

着手金は、弁護士に事件を依頼される場合、最初にお支払いいただくもので、事件の結果に関係なく、返還されないものです。

成功報酬金

成功報酬金は、事件が成功に終わった場合、事件終了の段階でお支払いいただくものです。成功というのは一部成功の場合も含まれ、その度合いに応じてお支払いいただきます。
ただし、不成功(裁判でいえば全面敗訴)の場合、お支払いいただくことはございません。

実費

実費は、事件処理のため実際に支出された費用です。例えば、郵便切手代、交通費などです。裁判を起こす場合は、裁判所に納める印紙代と予納郵券(切手)代などです。
正式にご依頼される場合、予め1万円をお支払いいただきますが、実費分を差し引き、余った分は、お返しいたします。

日当(※関東1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)『以外』のみ)

日当は、弁護士が裁判所などに出廷する際に、お支払いいただくものです。

【1都3県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)の裁判の日当

※ただし、1都3県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)の裁判に限り、裁判所への出廷日当は、0円。

※通常、一般民事事件の訴訟の場合、短くて約6か月から12か月以上(つまり、6回から12回以上)の裁判が開かれます。そのため、他の事務所では1回の日当で3万円程掛かりますので、消費税を入れて、日当だけで約20万円から40万円以上の額が掛かります。しかし、当事務所では、裁判所への出廷日当を頂きません。弁護士事務所を選ぶ際には、この点もご検討ください。

【1都3県『以外』の裁判の日当】

1都3県『以外』の道府県の裁判所への出廷日当は、1回3万円(税別)。ただし、上限は15万円(税別)まで。1都3県『以外』の裁判所でも、これ以上の日当はお支払い頂きません。

※もっとも、1都3県『以外』の裁判所でも、電話会議が裁判所により認められた場合、その間の日当は不要です。詳しくは、当事務所の弁護士にご相談ください。

【『調停』事件の日当】

※離婚などの調停事件について
通常、他の法律事務所では日当1日6万円程掛かりますが、当事務所では、調停事件の日当は、上記通常の裁判と同様の費用体系ですのでご安心ください。また、調停も、電話会議が認められることがございます。詳しくは、当事務所にご相談ください。

各事件の弁護士費用(ご依頼される方)

弁護士費用の詳細は、事件ごとの、別ページをご覧ください。

通常、他の事務所では、以下の日本弁護士連合会の旧報酬規定に基づき、以下のとおりの着手金と成功報酬金が必要になりますが、当事務所では、事件ごとの別ページのとおり、事件の種類により、着手金の無料・低額プランをご用意しています。

他のプランに記載がない場合は、以下の日本弁護士連合会の旧報酬規定に準じます。

※参考 日本弁護士連合会の旧報酬規定(税別)

経済的利益の額 着手金 成功報酬
300万円以下の場合 経済的利益の8% 経済的利益の16%
300万円~3000万円以下の場合 経済的利益の
5%+9万円
経済的利益の
10%+18万円
3000万円~3億円以下の場合 経済的利益の
3%+69万円
経済的利益の
6%+138万円
3億円以上の場合 経済的利益の
2%+369万円
経済的利益の
4%+738万円