交通事故

交通事故の被害に遭われた方は、慰謝料(入通院慰謝料・後遺障害慰謝料)、入通院費用、逸失利益などを、加害者が加入している保険会社に対して請求することができます。

弁護士(裁判)基準で戦う

加害者の保険会社は、交通事故の被害額や慰謝料を、満額支払うことはありません。まず、過失割合が争いになるからです。また、弁護士に依頼していない被害者には、低額な基準での示談を求めてきます。

つまり、保険会社は、次の3つの基準のうち、一番高額になる弁護士(裁判)基準を使わないのです。

  • 自賠責基準
  • 任意保険基準
  • 弁護士(裁判)基準

そこで、高額な弁護士(裁判)基準をもとに、高額な慰謝料を獲得するためには、交通事故に精通している弁護士に依頼する必要があります。

上位の後遺障害等級認定を獲得する

後遺症慰謝料を請求するには、後遺障害等級が認定される必要があります。この後遺障害等級認定の申請方法には、「事前認定」と「被害者請求」という2通りのやり方があります。

  • 事前認定・・・・加害者側保険会社が代わりにする方法
  • 被害者請求・・・被害者自らが申請する方法

加害者側保険会社に任せれば楽ではありますが、やはり加害者側なので、被害者の方に不利になる危険があります。

そこで、被害者自らが申請する「被害者請求」を行う必要があります。ただし、入通院している状態で被害者自身で適切な書面を用意することは困難です。また、弁護士でなければ、等級認定に有利な意見書を提出することができません。そのため、被害者請求に詳しい交通事故に精通した弁護士に依頼することをお勧めいたします。

初回相談料0円(60分)

※ご予約のうえ、当事務所にお越しください。

交通事故の加害者側保険会社の代理人として実務経験があり、加害者側保険会社の手の内をよく知る当事務所の弁護士が、交通事故の被害に遭われた貴方に、最善の解決方法をアドバイスいたします。

交渉・裁判の着手金無料(※常に無料

弁護士特約がある場合、交渉でも、裁判になっても、着手金は、無料です。

弁護士特約がない場合も、交渉でも、裁判になっても、着手金は、無料です。

※ご依頼された場合、治療費用の打ち切りを回避し、治療費用の支払を確実に受ける方法のアドバイスなども、無料で行わせていただきます。

●弁護士特約がある場合

成功報酬無料

弁護士特約がある場合、治療費・慰謝料・休業損害等を獲得した際の成功報酬は、無料です。※つまり、「完全後払制」です。しかも、弁護士費用特約を利用される場合、旧報酬基準に従い、お客様の保険会社から、当事務所に報酬金が支払われますので、交通事故の被害者の方には、費用についてご心配していただく必要はございません。

※さらに、加害者側の保険会社からの提示額に対しての増加額が、報酬の額よりも少なくなるような場合、不足した額についてお支払いいただことはございません。安心してご依頼ください。

●弁護士特約がない場合

弁護士特約がない場合のみ、次の成功報酬が掛かります。

成功報酬20万円 + 賠償金の14(税別)

※賠償金を取得した後に、賠償金の中からお支払い頂くことになりますので、ご依頼いただく際に、予めお支払い頂くことはありません。完全後払い制

※賠償金の見積もりをご提示いたしますので、費用倒れになることはありません。被害に遭われた方が安心して治療に専念できるように費用設定いたしますので、まずは、お気軽に当事務所にご相談ください。